男女別「大人の交際」という言葉のニュアンスの違いに注意

大人の交際、という言葉を見て男性と女性とでイメージする内容が違う場合があります。

交際クラブのプロフィールなどで「大人の交際ができる方を希望しています」

という一文がある場合があります。
これを書いたのが女性と男性との場合、実は言葉が持っているニュアンスが違う場合がありますので、そのことを知っておく必要があります

男性が書くプロフィールの「大人の交際」の意味

男性の場合、大人の交際という言葉の持つイメージとして一番最初に来るのが「肉体関係」です。
他にはこのような印象を抱く方が多いのではないでしょうか。

  • 肉体関係
  • 気兼ねない遊びの関係
  • 束縛の無い関係
  • 不倫関係

男性の場合は、肉体を軸にした交際を「大人の交際」「大人のお付き合い」という言葉から連想されます。
そのため男性のプロフィールで「大人のお付き合いができる方希望」と書居ている方は、セックス込みの気兼ねない関係でかつ、束縛をし合う事のない、お互いに責任を伴わない関係をイメージするようです。

女性が書くプロフィールの「大人の交際」の意味

女性の場合は、大人の交際に対するイメージは男性とはまた変わってきます。

女性が「大人のお付き合いができる方希望です」と書く場合は、男性とニュアンスが違う可能性が高いので注意が必要です。
この場合の「大人のお付き合い」は何に当たるかというと、精神的に大人として熟している人とお付き合いしたい、という意味になります。

  • ルールを守れる関係ができる人
  • 程よい距離感の交際ができる人
  • 大人としてのマナーがある人

などなどの意味で「大人のお付き合いができる人」と記述します。
つまり、男性の「大人の関係」はすぐに肉体関係を連想しますが、女性の場合は精神的に大人な人と付き合いたい、という意味になります。
もちろん女性も大人の関係に肉体関係が含まれる事は理解されている場合が多いですが、「大人の関係=セックスOKです、誰とでも寝ます!」という事は一切ありません。

男女の言葉のニュアンスの違いがすれ違いを生む

男女のすれ違い

このように男女で同じ言葉1つとってもその言葉に込められているニュアンスが違う場合、大きなすれ違いが発生してしまいます。
男性側が、女性のプロフィールを見て「大人のお付き合いができる方希望しております」と書かれていた場合、セックスOKの人だ!とすぐに判断しデートのアプローチをします。
そして1回目のデートでホテル誘う事を躊躇しません。

しかし女性の場合は、大人としてのルールを守れる精神成熟した人と付き合いたい、という意味を込めてこの文言をプロフィールに乗せている場合、直ぐにセックスに誘ってくる男性は大人のルールも何もない相手と判断します。
もちろんこの場合は、2回目以降のデートにつながる事はありません。女性側から見れば「精神的に大人の人と付き合いたい」とプロフィールに書いているのに、やってきたのが体目当てだけの失礼な人だからです。

このように「大人の交際」「大人のお付き合い」という言葉には、男女で温度差があるため取り扱いには注意しなくてはいけません。
女性側が男性の言う「大人の関係」が肉体関係を目当てにしている事を理解する必要がありますし、男性側は女性側のプロフィールにある「大人の関係」が肉体関係ではなく精神的なものを指す事を理解しておく必要があります。
このすれ違いを知らずにいると、1回目のデートから抜け出せない負のループにハマってしまう可能性がとても高くなります。

大人の関係OKと書いているのに、ホテルに誘ったら女性が不機嫌になって意味が分からない。
このような経験をした事がある男性は、まさに女性側の意図する言葉を読み違えている可能性があるかもしれません。
是非男性の皆さまは、ご注意ください。