デートの優先度を下げられてしまう男性の特徴

交際クラブや出会い系サイトの場合は、不特定多数の女性と平行してお付き合いする事になります。

つまり男性が同時進行で女性と複数遊ぶのと同時に、女性側にも同じような事が起こりうるのです。

何人かの男性と並行している女性とのデートで、優先順位を下げられてしまう男性の特徴を紹介いたします。

女性に対して気前が良くない男性

交際クラブのような会員制の出会いの場において、登録している男性のクラスも様々です。
数百万の年収のクラスから、年収数千万クラスまで色々な男性会員が登録しています。

そんなクラスの違う男性会員と交際クラブの女性はデートしているので、先日遊んだパパは年収数千万クラスで女性に気前が良かった。
今週遊んだパパは弁護士だけどケチっぽくて割り勘だった、なんていう風に男性の気前の良さを簡単に比較できてしまう立場にいます。

 
自分によくしてくれる男性のほうが優先順位を高くするのは誰しも当たり前のことですが、何人ものセレブ男性とデートをしている交際クラブ女性の目はかなり肥えているので、その優劣の判定もかなりシビアなのが現実です。

 
交通費を気前よくくれる男性とのデートのほうが、目的をもって交際クラブをしている女性にとって優先順位が高くなるのはしかたありません。

交際クラブは女性に気前よくお金を使える、ある程度のお金に余裕がある紳士のほうが楽しめるのはこれが理由なのです。

一緒に居ても楽しくない男性

基本的に交際クラブの女性は、男性に気持ちよく、楽しんでもらえるようにコミュニケーションに力を入れています。
そのため、男性に話題を提供したり、質問したり、うんうんと頷いて話が盛り上がるようにしてくれます。

しかしこのような彼女たちの陰ながらのコミュニケーション努力に鈍感な男性は、自分ばかり気持ちよく話をしていて満足していますが
一緒に居る彼女たちを楽しませるというエスコートが頭から抜けている場合があります。

結果として女性側がホステスのように一方的にサービスを提供し、気を遣うというような図式になってしまうのです。

このようなデートの時、実は女性は内心では全くデートの時間を楽しめていません。
まるで接待をしているような気分に陥る事もあります。

このように一方的にコミュニケーションの偏りがあるような一緒に居ても楽しくない男性とのデートは、気が億劫になり優先順位を下げてしまいます。
なぜなら人によってはデートが終わった後、寝込むほど疲れるからです。

自分ばかり気持ちよく話をしているな。そう言えば彼女の事を自分は何も聞いていなかった。
そう思う方は、この「一緒に居ても楽しくない男性」になっている可能性がありますので、気を付けましょう。

ドタキャン、連絡が付き辛い男性

デートのドタキャンが多い男性や、LINEなどの連絡をしてもレスポンスの遅い男性の場合はデートの優先順位を下げられます。
どんなに仕事で忙しくてもドタキャンが許されるのは1人の女性につき1回までとみたほうがよいでしょう。できればやらないほうがより良いです。

ドタキャンが多いと相手の女性からは「別の女性がいるのでは?」「他の女性との約束を優先させたのでは」というように見えます。
つまり自分は脈がないので、自分も優先順位を下げようと思うのです。

いかがでしょうか。
デートのお誘いをしても最近中々OKを貰えない。中々スケジュールが合わない。
そんな時は彼女の中での貴方の優先順位が下がっている証拠かもしれません。