交際クラブ女性が嫌がる男性のデートプランはどのようなものか

交際クラブで出会った女性とどこに行こうとお悩みの紳士も多いのではないでしょうか?
デートプランの選択は男性にとって中々頭を悩ませる問題なのかもしれません。
女性が疲れてしまって楽しめないようなデートプランにしてしまうと、せっかくの雰囲気も険悪になってしまう事もあり得ます。

女性が嫌がる男性のデートプランとはどのようなものでしょうか。
女性が不機嫌になってしまうようなプランがどのようなものか、男性が知っておきたい押さえ処をご紹介します。

歩かせすぎるデートプランは険悪の元

女性がおしゃれな恰好をするときは、必ず足元はハイヒールです。
素敵なワンピースなのにスニーカーを履いてくる女性は居ないでしょう。
このようなハイヒールですが、男性が見ている以上に歩きにくく、長距離を歩くためには適していない靴です。
ハイヒールを履いている女性を長々と歩かせてしまうと、どんなにニコニコしている女性でもだんだんと余裕がなくなってきてしかめ面になってしまう事もあり得ます。
男性が思っている以上にハイヒールで長距離を歩くのは非常に苦痛なのです。

女性がハイヒールを履いてきている時に、サプライズで山登りや、レストランの予約をしておらず延々と店を探して歩かせ続けるなどしないように気を付けたいものですね。

アレルギー、好み、服装を考慮しないレストランデート

女性とのデートで相手の好みを聞かずに、自分が食べたいものばかりのお店に連れて行くタイプの男性が居ます。
例えば甲殻類アレルギーの女性をロブスターがメインのお店に連れていかれても食べれるものが無いかもしれません。
このようなことがないように、アレルギーや好みは事前に確認しておくべき項目です。

また見逃しがちですが、女性の服装にそぐわないような場所に連れて行くのもNGです。

例えば女性が着ている服装が非常にカジュアルなのに、高級レストランに連れて行ったり、逆に女性が目いっぱいおしゃれしている時に大衆居酒屋や、臭いや汚れがつくような焼き肉店に連れて行くなどです。
その場に合わせた服装を選べるようにデートの際に「焼き肉にいくから匂いついてもよい恰好でおいで」などの心遣いがあれば良いのですが、
そのフォローをしない場合、せっかくの楽しいデートも女性は自分の服装が場にそぐわない事が気になって楽しません。

女性のプライベートエリアでのデート

後交際クラブで出会った女性が最も嫌がるのがこのような、相手のプライベートエリアでのデートです。
例えば相手の女性が女子大生だったらその大学がある最寄り駅付近でのデートや、家族が普段使うような駅、会社の最寄駅などの知り合いに観られるかもしれないような場所でのデートです。
長く付き合っていると大体相手の女性がどのあたりに住んでいるのか、普段どのあたりで仕事をしているのかはわかってくるようになります。
そういう場合相手の方のプライベートテリトリーでのデートは除外してあげるのが紳士的です。

いかがでしょうか。
交際クラブでのデートだからといって特別気を付ける事はさほどありません。
相手の女性が嫌がらない、苦痛に思わないことが重要で、それはふつうの恋愛とさして変わらないのではないでしょうか。