長くお付き合いするなら「生活力」「一人でも楽しめる」女性がオススメの理由

交際クラブで気に入った女性を見つけた時、この女性が長くお付き合いすべき相手かどうかを見極めるポイントをご紹介いたします。

ここで見誤ると、後々自分の足を引っ張るような関係になってしまう事もありますので、慎重に相手の女性の本質を見極めていきましょう。

ある程度の「生活力」を持っている女性がオススメの理由

基本的に交際クラブに登録している女性は、男性による生活サポートや経済面での扶助などを期待している女性が多いです。
長期交際ともなると「愛人契約」をし、月極払いや、デートの都度に愛人契約で決めた金額を女性に支払う事が一般的です。
そのため、生活力がなく、基本的に「愛人」一本で生きているタイプの女性の場合は、複数のパトロンと契約している可能性が高く、相手の女性を独占する事が難しいです。
どうしても長くお付き合いするとなると、他に男性の影が居るのは男としては面白くはありません。

普通にお勤めをして生活力がそこそこあり、それにプラスとしてお小遣い稼ぎの範疇で交際クラブを利用している女性のほうが、
愛人契約をした後は独り占めができ、また女性のほうもある程度自立しているため、精神的にも安定しています。

長くお付き合いする女性の見極め方として、正社員でも派遣社員でもよいので、定期的な収入をもって生活力がある方が良いでしょう。

一人でも楽しめる女性がオススメの理由

交際クラブで出会った女性の場合、毎日デートをしたり、いつでも気軽に会うというのはお仕事が忙しくて中々難しい男性が多いのではないでしょうか。
そのため月に1回程度のデートだったり、忙しい男性の場合は数カ月に1度というような期間になってしまう事もあります。
そのため、長くその女性とお付き合いしたいのであれば、女性が「一人でも時間を持て余さない」「一人の時間も楽しめる」という方が理想的です。

恋愛依存のようなタイプの女性の場合、男性が仕事で忙しくてもお構いなしに電話をしてきたり、家に来たりと困った行動もあります。
最初の頃は愛情を感じて嬉しく思うかもしれませんが、このような恋愛依存のタイプの女性とは長く続ける事は難しいでしょう。

愛人専門女性の場合は、一生面倒を見るという「重さ」がある事を理解しておく

女性と愛人契約をして、貴方のサポートだけで女性が生活できるようになった時、女性側が自分の職を捨ててしまったり、愛人一本にしてしまったりする場合は、女性が歳をとった時に簡単に別れられなくなるような「面倒」さが出てきます。

いざ貴方に捨てられた場合、相手の女性には職もなければ若さもなく、生きていく手段がなくなってしまうからです。
そうならないように女性は必死になって引き留めるかもしれません。このような「重さ」が愛人契約にはあります。

愛人として契約し、女性に仕事を辞めてほしい、他の男性とデートしないでほしいというような専属契約を持ち掛ける場合は、相手の女性の一生の面倒を見る覚悟が必要です。
そのような覚悟が無い場合は、普通にお仕事をしている女性とデート単位でのプチ愛人契約で、楽しいところだけ楽しむというスタイルのほうが安心して交際クラブを利用できます。