交際クラブデート中にやってしまう男性の気を付けたい失言について

交際クラブデートで気を付けたいのが、女性に対する失言です。
1回の失言のせいで、いい雰囲気になっていた女性との関係がパーになってしまう事も多々あります。
男性にとって何気ない一言でも、女性にはグサッとくることがありますので、地雷とも言える失言を発さないように気を付けたいものですね。

男性がうっかりやってしまう女性への「年齢確認」

「今何歳なの?」というような女性に対する年齢確認ですが、実際のところ若い女性とお付き合いしたい男性は一番に気にするポイントかもしれません。
しかし初対面の女性相手に、年齢を確認する場合、その聞き方や相手の年齢によっては地雷発言になる事もあります。

年齢を確認するという事は、その質問してくる男性にとって女性の年齢が一番気にすべきポイントであるように女性には感じられます。
20代後半から30代にかけての女性は、わざわざ年齢を確認してくる男性の発言を聞くと、「この人は若い女性と付き合いたいので、私はきっとお呼びではないのだろう」というように感じます。

男性側が意図せずに何となく出した年齢の話題が、女性には「若い女性と付き合いたい男性側のけん制」と見えるのです。

デートで相手の女性が気に入った時、あまりしつこく年齢を聞くと、女性が不快に感じてデートが失敗する可能性が高くなります。

若い女性が良い、若い女性としか付き合いたくないという男性は、最初からコンシェルジュに年齢限定で女性を紹介してもらうほうが良いでしょう。
特に女性の年齢は気にしないという男性は、わざわざデート中に女性の年齢確認を取らないほうが無難です。

何で彼氏いないの?というようなプライベート詮索

相手の女性に「何で結婚しないの?」「何で彼氏いないの?」というようなプライベートに踏み込んだ質問などは地雷になりやすいです。
結婚したいと考えているのにできない女性に対して「何で結婚しないの?」と聞いてしまうと、女性側にはグサリとくるようです。
異性関係などプライベートに踏み込んだ詮索は地雷が沢山ありますので、交際クラブでデートでは聞かないほうが良いでしょう。
別に相手の女性はお見合い相手ではありません。彼女のプライベートを吟味してまでお付き合いするような真剣交際ではないはずです。
年齢確認と同じように、相手のプライベート詮索は交際クラブでは御法度と思っておいたほうが失敗しません。

お金の使い方についてのしつこい詮索

何故女性が交際クラブを利用しているのか、話題として気になる事かもしれません。
しかし、女性側から積極的に話さない限り、交際クラブへの登録理由や、お金の使い道についてのあまりにもしつこい詮索はしないのが大人のマナーです。
借金をしている、生活苦である、など人に言い辛い理由の女性も中には居ます。

このようについ無意識に聞いた話題が、女性にとっては聞かれたくない失言の場合もあります。
地雷になりやすいデンジャーな話題に触れないように、交際クラブでのデートを楽しんでください。